おすすめのビデオスイッチャー5選!Zoom,YouTube Live ,Facebook Liveのビデオ会議に! 2020.12.10

みんなのビデオスイッチャー

新型コロナウイルスの影響で、ビデオ会議やチャットツール、ライブ配信サービスなど、オンラインでコミュニケーションを取る機会が急速に増えました。

そして、オンラインでコミュニケーションを取るときに、注目を集めているのがビデオスイッチャーです。ビデオスイッチャーはZoomやGoogle Meetなどのビデオ会議やYouTube Live・Facebook Liveといったライブ配信のクオリティを高めてくれます。

今回はビデオスイッチャーって何?という基本的なところから、選び方のポイントについて解説していきます。

ビデオスイッチャーを使うことで、コミュニケーションを円滑に取ることができる上に、伝えたいことが伝わりやすくなりますので、ぜひこの機会に学んでおきましょう!

ライブ配信ツール「ビデオスイッチャー」とは

ビデオスイッチャーは、複数のカメラやPCの映像・画面をワンタッチで切り替える機械です。

主にセミナーや講演会などの映像配信で用いられ、映像を切り替えながら進行することで、視聴者に飽きさせない、臨場感のある映像を届けられます

ビデオ会議は、PCカメラやWEBカメラなど、1つのカメラで映し出された映像のみのため、視覚的に変化が乏しく聞き手に退屈な印象を与えかねません。

しかし、ビデオスイッチャーがあればPCカメラ・画面や外部カメラなどを瞬時に切り替えられるため、効果的に視線を誘導することができます

ビデオスイッチャーでできることは?

ビデオスイッチャーを使うメリットは、視覚の変化や視線の誘導ができることです。上記で説明したように、瞬時にカメラを切り替えることができるものや、ピクチャーインピクチャー(画面の上に画面を表示)ができる機器もあります。

ピクチャーインピクチャーとは、テレビなどで目にする「ワイプ」のことです。例えば、ライブセミナーの場合、司会進行役・発表者・スライド資料というように、多くの要素があるでしょう。これらの要素を切り替えるのではなく、ひとつの画面上に映し出せすことができるのです。

ビデオスイッチャーを選ぶ3つのポイント

ここからはビデオスイッチャーを選ぶ際、失敗しないように気をつけておくべき3つのポイントについて解説します。

①端子が対応しているか


画像引用元

第一に、現在使用しているカメラやPCなどの機器、あるいはこれから購入予定の機器が、ビデオスイッチャーに対応しているかを確認しましょう。

また、どのような画面構成や演出をしたいのか、使用用途は何かなど、ビデオスイッチャーを使う目的を明確にしておくことで、後悔しない選択ができるようになります。

そして、これらが明確になった段階で、対応/非対応とコストパフォーマンスで選択すると良いでしょう。

②映像・音声効果の機能が必要かどうか

ビデオスイッチャーには、ピクチャーインピクチャーをはじめとした映像の切り替えや、音声エフェクトなどの演出ができる機能を持ったモデルがあります。

シンプルな画面切り替えのみで、価格を抑えたエントリーモデルから使ってみて、必要に応じて高機能なモデルに買い換えるのもおすすめです。

もちろんはじめから高機能なモデルを購入し、徐々に使いこなしていくのもよいでしょう。ただし、当然高機能なモデルほど高価になる傾向にあります。

「機能はあっても使わなかった」「使いこなせなかった」というケースもあるため、事前に必要な機能や使いたい機能は精査しておくようにしましょう。

③ビデオスイッチャーとオーディオの調節が両方できるか

画像引用元

PCなどで動画配信を行う際には、PCに映像を映し出す「キャプチャーボード」と、マイクなどを接続する「オーディオインターフェース」が必要です。

これらを個別で使用すると、映像と音声にズレが生じてしまい、違和感が生まれてしまう場合があります。これを防ぐためには、音声と映像(口の動き)がピッタリ合うように調整をしてくれる、エンコーダーが搭載されているものがおすすめです。

また、キャプチャーボードとオーディオインターフェースが一体になっていることで、PC周りの配線がすっきりと収まります

おすすめのビデオスイッチャー

①Blackmagic Design ライブプロダクションスイッチャー ATEM Mini

ビデオスイッチャーの中で、絶大な人気を誇るのが「ATEM Mini(エーテムミニ)」。HDMI4入力など、高機能でありながら3万円後半という破格の値段が特徴です。

ATEM MiniはUSB-C端子対応なので、ほほすべてのPCに接続可能。また、4系統のHDMIを搭載しているので、司会者・会場全体・スライドのように画面を割り振って切り替えができます。

ボタンの配置もわかりやすく、初心者でも短時間で操作に慣れるでしょう。

参考価格:39,570円

②Blackmagic Design ライブプロダクションスイッチャーATEM Mini Pro

Blackmagic Design ライブプロダクションスイッチャーATEM Mini Pro

(画像引用元)

「ATEM Mini Pro」はATEM Miniの上位機種で、より多くの機能が搭載されています。

大きく異なる点は、直接イーサネット経由でライブ配信ができたり、マルチビューモニタリングで離れているカメラの状態を確認できたりすること。

また、イーサネットだけでなく、スマホのテザリング機能で4Gや5G接続も可能なので、外出先でも安定したライブ配信ができます。

Web会議だけでなく、ゲーム配信などもしたいという方は、ATEM MiniではなくProがおすすめです。

参考価格:62,678円

③Roland V-1HD

 

シンプル ✕ コンパクト ✕ 高画質がコンセプトの「V-1HD」は、設置場所を選ばないビデオスイッチャーです。セミナー会場や会議室など、あらゆる場面で活躍します。

4系統のHDMI入力やオート・スイッチング機能、多彩な映像エフェクトなど、小柄ながら多くの機能を搭載しているので、これまでのプレゼンテーションを格段にグレードアップさせることができます。

入力はフルHD 1080p/1080i/720pに対応。また、Blu-rayプレーヤーなどの「HDCP」に対応しているなど、他のソースが混在していても使用することができます。

参考価格:138,000円

④Roland VR-1HD

「VR-1HD」はライブ配信を映像・音質ともに高品質で届けてくれる、コンテンツ作りにおける協力なサポートツールです。

3系統のHDMI入力が搭載されており、対応解像度も幅広いためほとんどの機器に接続できるほか、ハンズフリーでマイクを使用できるグースネック・マイクも使用可能です。

シーン切り替え、画面分割の構成などもプリセットボタンに配置済みなので、複雑な接続設定を行わずともすぐに本格的な演出ができます

また、マイクの音量を検知して話している人の画面に自動で切り替えるビデオ・フォロー・オーディオ・モード」や、あらかじめ決めたタイミングで映像を切り替える「オート・スキャン・モード」も搭載。

その他にもお役立ち機能が満載ですので、配信クオリティをなるべく高めたいという方に最適です。

参考価格:150,000円

⑤Blackmagic Design Teranex mini Rack Smart Panel

「Web Presenter HD」は、イーサネット経由で直接Youtube LiveやFacebook Liveなどのライブ配信が可能です。また、USBウェブカム出力が搭載されているので、WEB会議やオンラインミーティングなどもスムーズに行えます

旧機種であれば、配信解像度が720pで固定でしたが、現行機種ではHD(1080p)や4Kにも対応しているモデルもあるので、高画質で配信したい方もおすすめです。

注意点としては、SDI入力しかありませんので、HDMIで入力を検討している方は、他の製品を選びましょう。

参考価格:62,680円

セミナー・ライブ配信にはビデオスイッチャーを

ビデオスイッチャーを使うことで、退屈になりがちなWEB会議やオンラインミーティング、セミナーなどをより魅力的なものにすることができます。

そして、画面構成や配信内容を事前に考えておくことで、視聴者の視線を誘導することができ、伝えたいことがより伝わりやすくなるでしょう。

話をするだけでなく、画面がパッと切り替わることで、変化を感じられ視聴者も飽きずに耳を傾けてくれます。ぜひ、この機会にビデオスイッチャーを導入して、ワンランク上のWEB会議やセミナーを開催してみてはいかがでしょうか。

また、「多機能オンラインライブWeb配信 StreamYard (ストリームヤード)の特徴と使い方」では、ライブ配信ルーツ「StreamYard (ストリームヤード)」についてご紹介しています。ぜひご覧ください。

お電話からのご相談・お申し込み
050-3575-1518
インターネットからのご相談・お申し込み
ページトップ