法人向けレンタルパソコン│利用するメリットを一挙まとめて紹介 2021.04.03

法人レンタルパソコンのメリット

法人でノートパソコンを導入するにあたって【購入】【リース】【レンタル】の中から選定するのが一般的です。
レンタルパソコンと聞くと、中古・型落ち・壊れやすいといったイメージをもたれる方が多いかもしれませんが、そんな事はなく逆にメリットもたくさんあります。

今回は法人でレンタルパソコンを調達、利用する事でどんなメリットがあるのかを一挙まとめて紹介していきます。
本記事がパソコン調達をする担当者様の参考になれば幸いです。

(1)レンタルパソコンを利用するメリット

レンタルパソコンを利用するメリット

①不具合・故障の際の負担・保証

利用しているパソコンが故障した際、購入やリースの場合は原則利用者が修理に関する全て(修理依頼・費用)を負担する事になっています。
レンタルパソコンの場合は利用期間中、故意でなく不具合・故障が生じた場合はレンタルパソコン業者負担にて修理・交換をおこなってもらえるところがほとんどです。

修理や故障で業務が止まり、更に修理に手間や時間が取られては業務効率も下がりストレスも溜まりますが、レンタルパソコンの場合はこれらの負担をレンタルパソコン業者がおこなってくれます。

ほとんどの業者では不具合・故障の際、同機種をすぐに配送してくれるので、修理待ちのような業務がストップしてしまう時間は最小限に抑える事ができます。

②必要な時だけ料金が発生する(使わない時は発生しない)

購入の際の一括払いを除いてリースもレンタルも継続して利用料金を支払う印象がありますが、分割購入やリースの場合は当然が支払いが終わるまで払い続ける事になります。

また、リースの場合は中途解約が困難です。
仮にできたとしても違約金が発生する事があるので一般的には支払いが終わるまでの契約期間は利用をしなければなりません。

一方レンタルパソコンの場合は利用する時のみ料金が発生するので、利用しない期間は一切料金の発生はありません。
※契約期間内に返却などの場合は契約期間分の料金は発生します。

③会計が経費として処理出来る

会計処理においてもレンタルパソコンのメリットがひと目でわかります。
下記の表のように、購入の場合はパソコンが固定資産として、リースの場合は固定負債として計上されます。
レンタルパソコンの会計処理一方レンタルパソコンの場合は経費処理として計上出来る事が会計面での大きなメリットといえます。
リースもレンタルも費用の平準化としては同じですが、企業にとって固定の負債がなければ、今後の事業を計画する上で非常に重要なポイントとなります。

以上のことから、レンタルパソコンは会計面でのメリットもあると理解しておくと良いでしょう。

④費用・コストが抑えられる

弊社の利用料金でレンタルパソコンを2年間利用した場合、購入時と比較すると費用に違いが出てきます。
以下の図をご覧ください。
レンタルパソコンと購入比較・お得

どうでしょうか?弊社のレンタルパソコンを2年間利用した場合、購入時と比較すると、実に95,000円の開きが生まれます。
一見この図を見れば、2年以降もレンタルパソコンを利用する事でいつかはレンタル料金が購入したPCの料金を上回り、費用の面で損となるように見えます。

しかし、実際にパソコンを購入し、壊れるまで使い倒そうと思っても経年劣化による寿命は避けられません。
ノートパソコンの経年劣化は一般的に3~5年とされており、結果として購入でも寿命がくれば、修理やリペアにかかる時間・費用・工数を自社負担、もしくは、また多額の費用を捻出して新たに買い直すという事になります。

つまり、ノートパソコンを一度買えば一生買わなくて良いという発想は現実的ではなくなります。
レンタルパソコンの場合は経年劣化による不具合・故障をほとんどの業者が保証内で対応してくれるので、新たに同機種を配送してもらい、別料金などは発生しません。

したがって、レンタルパソコンを利用する事は長い目でみても費用の面でメリットがあるといえます。

⑤廃棄する手間がない

経年劣化や故障が原因でパソコンを廃棄する際もレンタルパソコンであればメリットがあります。
購入・リース(最終的に所有した場合)でパソコンを調達し、最終的に廃棄する時は、情報漏えいなどを防ぐために会社の情報などのデータを完全に消去し、廃棄処分も自社でおこなわなければなりません。

レンタルパソコンの場合、データの消去は業者によって異なりますが、廃棄に関しては所有権のあるレンタルパソコン業者が廃棄する事になっています。
この処理にかかる時間や工数などは業務をおこなう上で手間となります。

利用後にレンタルパソコンを返却する事がデメリットと思われるかもしれませんが、実際に廃棄する手間を考えると返却の方が手軽で手間を省けるといえます。

パソコンの廃棄に関しての詳細は過去に公開した「パソコン廃棄 正しい手順で安全・安心に情報を守る」にて解説していますので、詳しく知りたい方は是非ご覧ください。

(2)無駄な時間や工数を削減する事で業務は効率化する

レンタルパソコンで業務効率

今回レンタルパソコンを利用するメリットについて紹介しましたが、いかがでしたか?
購入やリースで、希望する新品のパソコンを利用する事にもメリットはありますし、魅力を感じます。

しかし、企業としてパソコンを導入する一番の目的は「業務を効率よく遂行する事」ではないでしょうか。

【レンタルパソコンの場合】
・故障や不具合の修理の手間がない
・必要な時だけ料金が発生、支払いも経費処理として計上
・利用後は廃棄の処理をおこなわずに返却するだけ

業務遂行する上での『無駄・手間・時間』が省かれます。

【対して購入やリースの場合】
・故障や不具合時は自社で修理の手配から費用までを負担
・使わなくなっても固定資産として税が発生
・廃棄にも手間や工数がかかる

これらは業務の足止め、ストレスの原因になってしまうと思いませんか?
企業によってパソコン導入の目的が異なると思いますので、購入・リース・レンタルのメリットをしっかり認識し、業務の効率化や手間を省くなど総合的にプラスとなる導入の方法を選ぶと良いでしょう。

・弊社レンタルパソコンは月額5,500円で廃棄・データ消去も無料

rentalPC.net

弊社のレンタルPCサービスは取り扱い商品が『レッツノート』のみとなっております。
スペックは全てメモリ16GB・SSD500GB、サイズ12.1/14インチ
利用料金は一律5,500円/(税込)となっています。

今回紹介しました、購入やリース時に負担となるデータ消去・廃棄処理に関しまして、全て無料でサービスを提供しております。
また、利用期間中に発生しました不具合・故障に関しましても同様、無料(レンタル料・送料)で同機種を配送させていただきます。

レンタルパソコンを利用の際、オプションなどを利用した結果、費用面においてデメリットと思われる項目も、弊社ではメリットと感じていただけるよう無料でおこなっております。
少しでも気になったり、詳細を知りたいと思っていただけましたら「お問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせくださいませ。

また、お見積理のご依頼お申し込みフォームも対応可能となっておりますので、是非ご検討いただける際にはご活用いただければと存じます。

ご利用する企業様にとって一番最適なパソコン調達ができる事を願っております。

blank
お電話からのご相談・お申し込み
03-6385-1099
インターネットからのご相談・お申し込み
ページトップ