ひとり情シス向けおすすめアウトソーシング・外注業者8選 2022.03.31

レンタルPCネットのひとり情シス向けおすすめアウトソーシング・外注業者8選

ひとり情シスは業務が広範囲のため、常に切迫した状況下で作業をしていることも少なくありません。

そこでおすすめなのが、業務のアウトソーシング・外注です。

本記事では、ひとり情シス向けにおすすめのアウトソーシング・外注業者をご紹介します。

【詳しい情報を知りたい方はこちら】

本記事で紹介している、各社の詳しい情報については、こちらのスプレッドシートにて一覧でまとめています。

情シス業務をアウトソーシング・外注する3つのメリット

情報システム業務の負担を軽減するには、アウトソーシング・外注をするのが適切です。

ではここで、情シス業務をアウトソーシング・外注するメリットについて解説します。

別業務を行う時間が確保できる

アウトソーシング・外注をすることで、別業務を行う時間が確保でき、業務負担の軽減・作業効率がよくなります。

空いた時間でIT知識・技術を習得する、あるいは他部門の業務に充てるなど、さまざまな時間捻出が可能です。

属人化の予防

ひとり情シスは部門が属人化してしまっている状態なので、担当の離職や休暇時は、どうしても対応が遅れてしまいます。しかし、アウトソーシング・外注化を行うことによって、属人化の予防に繋がるため、担当者がいなくても対応可能になります。

また属人化が予防できれば、社内の情シス業務もマニュアル化しやすくなり、引継ぎも容易になるでしょう。

採用・教育にかかるコストを削減

自社で情シス部門の採用・教育を行う場合、採用のための広告掲載、面接や研修をするために時間的・金銭的コストがかかります。

しかし、アウトソーシング・外注であれば採用・教育コストをかけずに即戦力の人材が担当してもらえます。

ひとり情シス向けアウトソーシング・外注業者の選び方

以下ではひとり情シスの企業がアウトソーシング・外注業者を検討する際、どのポイントを選べばいいのかまとめました。自社に適切なアウトソーシング・外注業者を見つけるための参考にしてください。

外注する業務・予算を明確にする

まずは自社の情シス業務の中で、どの部分を外注するのか、予算はどのくらい確保できるのかを明確にしておきましょう。一般的に、情シス部門では以下のような業務があります。

  1. ①パソコンの手配(レンタル・リース)・管理
  2. ②パソコンの修理・ヘルプデスク、SaaS管理(アカウント管理)
  3. ③Webサイト・ホームページ、サーバの保守管理
  4. ④セキュリティ対策、ネットワーク保守
  5. ⑤マニュアル、FAQ・よくある質問の作成

この中で、外注できる部分はどこなのかを細分化していき、該当する業務を洗い出していきましょう。

業務内容によって費用にばらつきがありますが、大体25万〜50万円ほどかかると考えてください。

業者の得意領域を把握しておく

業者によって得意とする領域が異なります。

そのため、自社で外注を検討している業務の実績が多い業者に絞る方が安心です。

なお、募集者が集まらないなど、場合によっては、業務ごとに複数の業者に依頼するのも1つです。

対応範囲・スピードも視野に入れる

同じ業務とはいえ、細かく見ると業者によって対応範囲が異なります。

そのため、相見積もりで、価格の安さだけで業者を選んでしまわないようにしましょう。

さらに、対応スピードも重要な部分です。トラブル発生時も対応スピードが早いと運営への影響が少なく済みます。24時間対応可能などの記載も見逃さずに確認しておきましょう。

情報システムのアウトソーシング・外注とは

情報システムの業務種類として大分するとすると以下の種類があります。

①パソコンの手配(レンタル・リース)・管理
②パソコンの修理・ヘルプデスク、SaaS管理(アカウント管理)
③Webサイト・ホームページ、サーバの保守管理
④セキュリティ対策、ネットワーク保守
⑤マニュアル、FAQ・よくある質問の作成

上記の他に、遠隔でのサービス提供と出張での対応をおこなうところがあります。

各業者によって、対応できる範囲が異なるので、自社の課題・問題点と照らし合わせてご覧いただくと選びやすくなります。

おすすめアウトソーシング・外注業者8選

1.株式会社Gizumo「クラウドSE」

画像出典元:公式HPより

クラウドSEはヘルプデスク代行〜ホームページ運用・保守と、幅広いサービスに対応しているIT業務代行サービスです。

緊急時のシステムエラーの対応などを代行してくれる「ソフトウェアサポート」も提供されているため、ひとり情シスの負担を大幅に改善してくれます。

またサービスによってはマニュアルの作成も行ってくれるため、担当者が不在の場合でも対応がしやすくなります。

プラン、価格

 ・基本プラン3.6万円〜/月
 ・IT業務代行4,500円/時間
 ・ITツール導入15万円〜/1ツール
 ・HP制作50万円〜/1サイト
 ・システム開発150万円〜/1システム

サービス内容

 ・当サービスを利用いただいて導入したITツールに関する問い合わせ対応
 ・最新のITツール(グーグル、Zoom、チャットワーク等)の導入支援
 ・ホームページの新規作成、刷新対応
 ・自社の新システムが必要、既存システムが使いづらいといった場合の、新規システム導入改善提案
 ・新導入したITツールやシステムマニュアルの作成

資料請求の可否

 資料請求可

2.クロスヘッド株式会社「情シスBPO」  

画像出典元:公式HPより

情シスの課題に寄り添う、サポート業務を提供しているのが「情シスBPO」です。

現状、どのような箇所に負担がかかっているのか、調査やヒアリングをもとにサービスの提案をしてくれるため、社内では気付けなかった改善点も浮かび上がってくるかもしれません。

プラン、価格

 ・PC100台・月間コール数20件 ※例:15万円/月
 ・週1回のアカウント改廃業務 ※例:10万円/月
 ・
20ノードの24時間365日監視、運用、障害対応 ※例:15万円/月
 ・
PCセットアップ、資産管理支援 ※例:25万円/月

サービス内容

 ・ヘルプデスク(どの会社でもよくある質問の対応)
 ・アカウント管理(アカウントの管理と付随する作業の代行)
 ・
システム運用(属人化防止、日々の業務の定常的なシステム運用の対応)
 ・
PC運用(ソフトウェアライセンスの管理やハードウェアの棚卸、採番・シール貼付などの台帳管理)
 ・
セキュリティ運用(日々巧妙化・高度化する攻撃に対して、セキュリティ運用・体制の支援)

資料請求の可否

 資料請求可

3.クロスヘッド株式会社「情シスSAMURAI」

画像出典元:公式HPより

「情シスSAMURAI」はコンサルティング/情シスサポートサービスです。

常駐型になっているため、何かあった場合でもすぐに対応が可能となっています。(リモートでも対応可能)従業員教育まで行ってもらえるため、教育コストも抑えられる可能性があります。

プラン、価格

 ・情シスサポート ※無料〜15万円〜/月、個別見積
 ・情シス業務代行 ※例:25万円〜65万円/月
 ・
IT資産管理改善 ※例:47.5万円/月
 ・
システム運用改善 ※例:50万円/月
 ・ヘルプデスク改善 ※例:50万円/月
 ・
ネットワーク改善 ※例:60万円/月

サービス内容

 情シスコンサルティング
 ・情シス相談(情シスアセスメント、セキュリティアセスメント)
 ・情シス業務改善(IT資産管理改善、システム運用改善、ヘルプデスク改善)
 ・情シス業務支援(情シスサポート、情シス業務代行、情シスIT研修)
 ・IT環境改善(セキュリティ強化、ネットワーク環境改善、クラウド化支援、働き方改革支援)

資料請求の可否

 資料請求可

4.株式会社DXソリューション「オンライン情シス」

画像出典元:公式HPより

「オンライン情シス」は弁護時事務所や不動産システム会社など、幅広い業界での対応を行っています。

月額5万円から依頼できるようになっているため、部分的な依頼も可能です。

プラン、価格

 ・5万円〜/月

サービス内容

 ・オンラインヘルプデスク
 ・クラウドツール活用サポート
 ・ホームページ運用、保守
 ・ITリソース管理
 ・サーバ保守
 ・ネットワーク保守
 ・定期訪問、出張サポート

資料請求の可否

 資料請求可

5.チェックフィールド株式会社「ITコンシェルジュ」

画像出典元:公式HPより

「ITコンシェルジュ」は1999年創業、老舗のアウトソーシングサービスです。

プロジェクト開始時には、担当者2名体制となっているため、より精度の高いサポートが期待できます。

プラン、価格

 ・不動産会社PC約160台、サーバ7台 ※例:50万円/月
 ・弁護士事務所PC約50台、サーバ4台 ※例:25万円/月
 ・コンサルティング会社PC約400台、サーバ4台 ※例:90万円/月
 ・ITコンサルティング会社PC約40台 ※例:15万円/月

サービス内容

 ・IT運用アドバイス
 ・ヘルプデスク
 ・定期訪問
 ・出張サポート
 ・サーバ保守
 ・ネットワーク保守
 ・ITリソース管理
 ・キッティングサポート
 ・データ復旧対応
 ・ウェブサイト保守
 ・メールサーバ保守
 ・ITリテラシー教育

資料請求の可否

 資料請求可

6.株式会社エンライズコーポレーション「情シスのミギウデ」   

画像出典元:公式HPより

情シスだけでなく、IT全般のサポート業務を行うサービスが「情シスのミギウデ」です。

料金も分かりやすく、ライトプラン(月額:22.5万円)とスタンダードプラン(20万円)の2つ。

初期費用や管理費用など、月額費用以外はかからないようになっています。

プラン、価格

 ・ライトプラン(3ヶ月):22.5万円〜/月
 ・スダンダードプラン(6ヶ月)20万円〜/月

サービス内容

 ・情シス業務支援
 ・クラウドインテグレーション支援
 ・ECサイト構築支援
 ・業務効率化支援(ローコード開発、RPA)
 ・テレワーク導入、オフィス移転支援
 ・インフラ設計、構築、運用保守
 ・ITサポートデスク

資料請求の可否

 資料請求可

7.株式会社ranryu「情シス担当アウトソーシングサービス「&IT」」

画像出典元:公式HPより

情シス担当アウトソーシングサービス「&IT」は機器導入後もトータルサポートを行なってくれるため、これからIT化を本格的に進めたい企業におすすめです。

なお、IT機器全般に対応しているため、機器が古い場合でも安心です。

プラン、価格

 保守対象機器台数制
 ・ライトプラン1台あたり6,000円5台 ※3万円〜/月
 ・スダンダードプラン1台あたり5,000円6台〜100台 ※3万円〜/月
 ・プレミアムプラン1台あたり4,000円101台以上 ※40万円〜/月
 オンサイト型オンデマンド制
 ・月次対応時間16時間 ※例:10万円

サービス内容

 ・実地調査(構成調査、IT構成図の作成)
 ・技術サポート窓口
 ・アカウント管理
 ・機器、ライセンス調達
 ・メーカー問い合わせ代行
 ・機器メンテナンス
 ・ITコンサルティング
 ・個別アプリケーション管理
 ・資産台帳管理
 ・Webコンテンツ運用
 ・定期訪問
 ・キッティング
 ・オンサイトトラブル対応
 ・システムインテグレーション

資料請求の可否

 資料請求可

8.株式会社ビヨンドブルー「情シスのミカタ」

画像出典元:公式HPより

「情シスのミカタ」はシステムエンジニア180名、端末修理5000万台と、数多くの実績を持つアウトソーシングサービスです。

月額15万円〜利用でき、適宜必要なサービスを追加できます。

プラン、価格

 従業員100名程度の目安 ※例:15万円〜/月

サービス内容

 ・IT資産管理
 ・キッティング業務
 ・ヘルプデスク対応(パソコン、スマホ、アプリケーション)
 ・各種アカウント管理
 ・PC代替機保管サービス
 ・SREサービス
 ・CLOUDサービス
 ・SIサービス
 ・WEBシステム開発
 ・脆弱性診断サービス

資料請求の可否

 資料請求可

まとめ

今回は、ひとり情シス向けのおすすめアウトソーシング・外注業者をご紹介しました。

情報システム業務は広範囲かつ責任も大きく、ひとりで対応するには負担が大きいです。

だからこそ、うまくアウトソーシング・外注を取り入れて属人化を防ぎ、作業効率をよくしていきましょう。

お電話からのご相談・お申し込み
03-6385-1099
インターネットからのご相談・お申し込み
ページトップ