レンタルパソコンを法人で 長期 利用する際の調達方法7社比較 2021.09.26

レンタルパソコン 長期 導入方法7社比較

法人でレンタルパソコンを 長期 で借りる際、どのような方法で調達するのが最善なのかと選定に悩む方も多いと思います。
長期 で借りる場合、同じ期間であっても契約形態や条件などが異なり、利用料金に大きな差が出ることもあります。
今回は法人でレンタルパソコンを調達する担当者様向けに、長期で借りる際にチェックすべきポイント、さらにレンタルパソコン業者7社のサービス比較をおこなった結果をご紹介致します。

レンタルパソコンを法人で 長期 利用する際の調達方法

レンタルパソコンを法人が 長期 利用で調達するメリット

レンタルパソコンを 長期 利用するメリット

法人でレンタルパソコンを長期利用することで以下のようなメリットがあります。

・レンタル費用が安くなる
レンタルパソコンは1年以上の長期契約をおこなうことで、割引が適用されるケースがほとんどです。
利用期間が1年以上と明確な場合は1ヶ月や3ヶ月で延長で借りるより長期契約をするとコストの削減になります。
また、購入やリースのように固定資産にならず、経費で計上できるというメリットもあります。

・購入やリース時と比べてお得
パソコンを長期利用した場合、購入やリースの方がお得では?と思う方もいると思いますが、1年以上のレンタル期間であれば、ほとんどの場合が購入やリースよりもお得になります。
また、1年以上の利用の場合、リースより高くなるという声も耳にしますが、多くのレンタルパソコン業者は長期利用であればあるほど利用料金が安くなるので、リースより高くなることは滅多にないと考えられます。

・不具合・故障時の対応
パソコンを長く使うと当然不具合や故障の発生率が高くなります。
購入やリースの場合はメーカーへ修理の依頼をすることになり、発送・修理・返送までに時間が掛かってしまいますが、レンタルの場合はほとんどの場合1~3日で代替え機を発送してもらえるので業務がストップする時間を最短にすることができます。

さらに購入やリースの場合、データ消去や廃棄にコストや時間が取られてしまいますが、レンタルパソコンの場合は業者へ返却するだけで廃棄は不要、データも消去してくれるところが多いのでコストも時間も節約できます。

法人で 長期 利用いただく事例

レンタルパソコン 長期 利用・導入事例

先に紹介したメリットも踏まえた上で、以下のような企業でレンタルパソコンを長期利用いただくケースが多くなっております。

・購入やリースで利用していたパソコンの総入れ替えをおこなうことになった
・長期プロジェクトによる人材派遣にともない、パソコンが必要になった
・テレワークを本格導入することになった
・新規事業の立ち上げでコストを抑えてパソコンを導入したい

レンタルパソコン業者別比較│ 長期 で借りる際の契約の違い

レンタルパソコン業者によって契約期間の形態が異なるようで、独自で調査した結果以下のような結果となりました

レンタルパソコン業者別契約期間の形態

ほとんどのレンタルパソコン業者は短期利用の設定を細かく区切っていますが、長期利用に関しては●ヶ月以上は一律となっているところが多いようです。
当然契約期間が長ければ長いほど利用料金が安くなるので、長期で利用する場合でも2年、3年、4年と長期でも更に契約期間と割引率を区切っているところでレンタルパソコンを調達すればコストを削減することができます。

法人で 長期 契約して契約期間内に解約した場合の業者別比較

レンタルパソコンは長期であればあるほど利用料金が安くなると説明しましたが、その際気をつけなくてはならないのが長期契約したは良いけど、契約期間満了前にパソコンが不要になってしまった場合のペナルティに関してです。
各レンタルパソコン業者が契約期間満了前に解約をした際のペナルティなどの措置に関して調査した結果、以下のような記載がされていました。

レンタルパソコン業者別 長期 契約期間満了前の解約措置

上記のように、契約期間満了までの日数や割引率にもよりますが、長期契約後早期にパソコンが不要になってしまった場合は違約金によってコストが嵩んでしまうことになってしまいます。
したがってレンタルパソコンを長期契約をする際、違約金などが発生する業者から借りる場合、利用期間が明確でなければ長期利用の割引額よりも高いコストで利用する結果となってしまうので注意が必要です。

レンタルパソコンの利用期間が曖昧な場合

レンタルパソコンを長期借りる期間が不明

利用期間が明確にわかっていれば良いに越したことはあせんが、もしレンタルパソコンを長期利用で考えているけどパソコンが必要となる期間が曖昧で早めに解約してしまうかもしれないといった場合、1年契約ではなく3ヶ月や6ヶ月契約でパソコンを調達し、利用期間を延長するというのも一つの手です。
その場合、利用料金が1年契約に比べて高くなってしまいますが違約金が発生しないので、無駄に費用を支払うことはありません。

また、利用期間の延長に関して事前に何日前までに報告が必要という業者もあるので、この点も注意しなければなりません。
延長利用したいけど延長申請がギリギリで延長できなかったり、そこで違約金が発生しては意味がありません。

法人で 長期 契約する際の申し込み方法の比較

法人でレンタルパソコンを長期利用する場合、通常利用と申込み方法に違いがあるかについても調べてみました。

レンタルパソコン業者別 長期 契約時の申し込みについて長期利用の申し込みに関しては概ねどのレンタルパソコン業者も通常の申し込みと同様となっていますが、事前に長期利用の要望や相談をしなければならないところがあるので、急ぎでパソコンを調達しなければならないような方はこの点を確認してから余裕をもった申し込みをするようにしましょう。

レンタルパソコンを法人で 長期 利用する場合は利用期間を明確にしておくこと

今回法人でレンタルパソコンを長期利用する際の調達方法についてメリットやペナルティなど詳細を解説しました。
レンタルパソコンは原則長期利用することで購入やリースに比べてお得ですが、利用期間が明確でない場合、契約期間満了前による解約で違約金が発生してしまうことを頭に入れておくと良いでしょう。

また、レンタルPCネットでは短期でも長期でもPanasonicレッツノート12.1/14インチ(メモリ:16GB・SSD:500GB)が1ヶ月5,500円(税込)でご利用いただけます。
1ヶ月単位での貸し出しで長期割引がありませんので、利用料金以外違約金など一切発生いたしません。
利用期間が読めない、早期解約になってしまうかもしれないといった状況でも安心してご利用いただけるシステムになっております。

ご検討の際にはお気軽にお問い合わせ・お見積り・申し込みフォームをご活用くださいませ。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

 

お電話からのご相談・お申し込み
03-6385-1099
インターネットからのご相談・お申し込み
ページトップ