news ニュース

レンタルPCで利用するZoomの基本的な使い方・設定方法(ビデオ会議用・オンラインミーティング) 2020.08.19

zoom ビデオ会議ツール

弊社のレンタルパソコンサービスにおいて、お問合せいただくことが多いのが「ビデオ会議が出来るノートパソコンか?」という内容です。

具体的には内蔵カメラの有無、CPUやメモリの処理速度、専用ソフトのインストール可否について聞かれることが多いです。(もちろん、ビデオ会議は対応可能です)

今回はビデオ会議(オンラインミーティング)において、最も選ばれているツール「Zoom」の使い方について解説をおこなって参ります。

『RENTAL PC』サービスの紹介

 

なお、弊社で取扱うレンタルパソコンのご紹介させていただくと、Panasonic レッツノートのみを取扱っており、内臓カメラは搭載、CPUはIntel Core i5、メモリは16GBとビデオ会議をおこなうのには十分なスペックとなっております。

またインストールするソフトはビデオ会議ソフトのみならず、どのソフトをご自由にインストールいただいても問題ありませんので、安心してご利用いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください!https://rental-pc.net/item/

それでは今回、ご紹介させていただくZoomの使い方についてです。

Zoomについて

Zoomはビデオ会議ツールのトップシェアを誇るソフトで、成立ちは2011年にシスコシステムズのリードエンジニアとして従事していたエリック・ヤン氏とそのコラボレーションビジネスユニットであるWebExによって設立されました。

詳細は以下ですが、まとめるとハードおよびソフトウェア企業との提携を矢継ぎ早におこない、ユーザ獲得と機能追加を恐ろしい勢いで成し遂げ、セキュリティ面を考慮したサービスに仕上げることで、現在のポジションにいることが分かります。

2013年 1月にサービス開始、5月までに利用者は100万人に達した。「Works with Zoom」という名前のプログラムを作成し、Redbooth (当時はTeambox)、Logitech 、Vaddio、InFocusなどの複数のハードおよびソフトウェア企業とのパートナーシップを確立。
2014年 3月17日にVoxboneとのパートナーシップを介して、
・無料の公衆交換電話網番号から参加者が会議参加できる機能
・iOSのモバイルデバイスでの利用開始
2015年 2月の時点で参加者の数は4,000万人に達し、65,000の組織が加入。
9月15日にZoomはSalesforceと提携してビデオ会議をCRMプラットフォームに統合。
2017年 4月24日にZoom for Telehealthを発表。オンライン診療の実現。
9月にユーザ会議であるZoomtopia 2017を開催。
2019年 3月にNASDAQに株式公開を申請(IPOの終了までに160億ドル弱の時価総額と評価)
7月11日、日本法人「ZVC JAPAN」の設立
2020年 2月に2ヶ月間で222万人の新規ユーザを獲得。

 

詳細はこちらをご覧下さい。

Wikipedia『Zoomビデオコミュニケーションズ」

wisdom『Zoomとはどんな企業なのか』

 

レンタルパソコンにおけるZoomの設定方法(使い方)

ここではすぐにレンタルパソコZoomを利用できるように、サインインから予め設定しておくべき項目について、解説していきます。

①サインインをしてアプリを起動する

Zoomをレンタルパソコンで使う場合は、まず既存のアカウントへサインインしましょう。

Zoom公式サイトを開いたら、ページ上部にある「サインイン」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを打ち込むか、連携済みサービスで認証をすれば完了です。

Zoomを起動するとアプリのインストールが開始しますので、手順に沿って行います。

 

②最初に設定しておきべき項目

次は会議通話をするにあたって必要最低限、設定しておきたい項目を調節していきます。

ここの設定さえしてしまえば会議通話が可能なので、漏れなくチェックしておきましょう!

1.オーディオ設定

 

こちらも事前に設定しておいて「相手の声が聞こえない」「音声が届かない」といったことがないようにしておきましょう。

特に最近はマイク付きのWEBカメラがあり、設定音量が異なる場合があるので事前にチェックしておくことをオススメします。

設定から「オーディオ」をクリックして、使用するマイクとスピーカーを選択します。

2.バーチャル背景


自宅の室内を映したくない人にオススメなのがバーチャル背景で、画像や映像を背景に使える機能です。

設定の一覧からバーチャル背景を選択して、好みの画像を自身の背景として設定しましょう。

また、「+」ボタンを押せば自分のPCに入っているお気に入りの画像・動画も使用可能です。

 

レンタルパソコンでのZoom会議の開き方(開催方法)

続いてZoomで自分がホスト(主催者)になった場合の会議の開き方について、説明していきます。

①新規ミーティングを開いて参加者を招待する

サインイン・アプリを起動したら「新規ミーティング」を選択します。

するとあなたをホスト(主催者)としたミーティングが新たに作成されます。

アプリ下部の参加者欄から招待を選びます。

招待したい人のメールアドレスを入力して送信すれば完了です。

 

②ミーティングの予約開催でスケジューリングしておく

会議通話の日程が決まっているなら開催通知のされるスケジューリング機能が便利です。

事前にミーティングの開催時期を教えてくれる他、Google Calendar・ヤフーカレンダー・Outlookカレンダーに追加することもできます。

まず「ミーティングをスケジュールする」を選択して、スケジューラーウィンドウを開きます。

 

開催する日時や入室パスワードを設定して完了します。

 

しっかりと設定がされていれば、ミーティングの欄から次回開催として確認できます。

 

レンタルパソコンでのZoom会議への入り方(参加方法)

次は既に開かれているミーティングへの参加方法についてお伝えしていきます。

①メールや招待状から参加する

ホストから送られてきたメール、もしくはカレンダーにあるURLをクリックします。

アプリ、ブラウザ、スマホのどれで起動するかを選択して、参加することができます。

 

②ミーティングID・パーソナルリンク名を入力する

各ミーティングには9~11桁のミーティングIDが割り振られますので、それを入力することでも参加できます。

Zoomにサインイン後に「参加」を押してミーティングIDと表示名を入力すればすぐにミーティングへ入れます。

[ミーティングに参加]を選択し、ミーティングIDまたはパーソナルリンク名を入力して参加します。

 

まとめ

Zoomの基本的な使い方と設定方法についてお伝えしてきました。今回の記事を参考にすればご自身で以下のようなことができるようになります。

・新しいPCでのZoomのセッティング

・Zoomでの会議通話を開く(ホスト)

・既存の会議通話に参加する

元々Zoomは幅広い年齢の方に使っていただけるよう、シンプルな使用手順になっていますので、2~3回ほど会議通話を主催したり参加すればやり方は簡単に覚えられます。

ぜひ実際にZoomでビデオ通話を行ってやり方をマスターしてくださいね!

ページトップ

こちらをタップしてお電話を!

03-6385-1099

電話受付:09:00~18:00