レンタルパソコン と合わせて使える無料のビジネスチャットツール 5選 2021.05.28

法人に人気のビジネスチャットツール5選

テレワークやリモートワークが働き方の主流になりつつある中、社内・社外のコミュニケーションツールとして、「ビジネスチャットツール」は欠かせないものになってきました。

レンタルパソコン をご利用いただくお客様でも、必須ツールとして導入されている方が増えています。

そんなビジネスチャットツールですが、さまざまな種類が存在します。

どれを選べばいいのか、迷われる方も多いと思います。

レンタルパソコン でも無料で使えるビジネスチャットツール今回は利用者が多く、国内で人気の5つのチャットツールをピックアップし、それぞれの特徴について解説いたします。(上記の表では無料で使えるビジネスチャット4つとなっております)
最後にはどういった企業にどのビジネスチャットがおすすめか、ご紹介いたします。

会社に合ったチャットツールを選んで、仕事の効率アップを図りましょう!

 

(1)ビジネスチャットツールとは?

ビジネスチャット中の女性

ビジネスの反対、プライベートのチャットツールを例に挙げるとわかりやすいかもしれません。

プライベートのチャットツールでは、LINEやFacebook Messengerが主流です。
利用されている方も多いのではないでしょうか。

一方ビジネスチャットは、プライベートチャットに加えて、タスクの管理や、ファイルの共有・管理といったビジネス面の機能が強化されたものを指します。

 

(2)メールとの違いは?

メールのイメージ画像

これまでビジネスコミュニケーションツールと言えば、メールや電話が主流でした。

メールは、挨拶、要件、締めの言葉と、手紙を書くようなマナーがあります。

丁寧な印象を与えるため、目上の方や、社外の人への方には向いていますが、返事は書けるタイミングで書くというのが基本スタンスです。

また、対話型のやりとりとなると、引用を使って返事するなど、少々面倒に感じることも。

その点、チャットツールでは要件だけを送りあったり、リアルタイムで対話式に確認作業を行ったりすることができます。

このように、効率的に仕事をしやすくなるメリットがあるため、メールからチャットツールに切り替えていく企業が増えています。

 

(3)主流のチャットツール5選のご紹介

現在、数々のチャットツールが世界中で使用されています。

日本で人気のチャットツールは以下の5つです。

いずれも使い勝手や機能に定評があります。

それぞれの特徴をご紹介します。

 

①slack(スラック)

SlackはアメリカのSlack Technology社が開発したツールで、世界シェアナンバーワンを誇っています。

個人や組織、またプロジェクトや顧客別など、自由に「チャンネル」を設定でき、ファイルもアップロードして簡単に共有できます。

拡張性に優れているので、カスタマイズをすることで使いやすくしていけるのがメリットです。しかし、使いこなすまでに慣れが必要で、有料プランの値段は他社のツールと比較すると安くはないことがデメリットです。

 

画面イメージ

slack画面イメージ

(画像出典:Slackウェブサイト

 

料金プラン

slack料金プラン

(画像出典:Slackウェブサイト

 

 

②Chatwork(チャットワーク)

Chatworkは、日本の企業が開発したツールです。Slackと比べると拡張性は劣りますが、その点ITリテラシーが高くなくても使いこなせるツールとして人気があります。

具体的には、Slackは共有チャンネルを作成しないといけませんが、ChatworkはIDやメールアドレスで検索し、SNSのように友達リクエストのようなものを送って承認すればやりとりができるようになります。

 

画面イメージ

chatwork画面イメージ

(画像出典:Chatworkウェブサイト

 

料金プラン

chatwork料金プラン

(画像出典:Chatworkウェブサイト

 

③LINE WORKS(ラインワークス)

ビジネス版LINEが「LINE WORKS」です。

LINEの使い勝手をそのまま踏襲しているため、スマホ仕事がメインの人は一番使いやすいかもしれません。

具体的には、普段使っているLINEスタンプが送れたり、位置情報などをトークで送信したりすることができます。また、既読がつくため相手がメッセージを読んだかどうかがわかります。(前述したSlackやChatworkは既読がつきません。)

 

チャット画面イメージ

LINE WORKSチャット画面イメージ

(画像出典:LINE WORKSウェブサイト

 

料金プラン

LINE WORKS料金プラン

(画像出典:LINE WORKSウェブサイト

 

④Microsoft Teams(マイクロソフトチームズ)

マイクロソフトが開発したツールですが、チャットツールだけにとどまりません。

一番の特徴は、WordやExcel、PowerpointといったOffice 365ツールと連携できる機能があることです。
チャット画面上で、ExcelやPowerpointを共同で編集したりすることができるため、チームでプレゼン資料の作成などができます。

 

画面イメージ

Microsoft Teamsチャット画面イメージ

(画像出典:Microsoft Teamsウェブサイト

 

ファイル共有イメージ

Microsoft Teamsビジネスチャット画面

(画像出典:Microsoft Teamsウェブサイト

 

料金プラン

Microsoft Teams料金プラン

※Office 365 を利用している場合は、既に Teamsがプランに含まれていますので、追加料金なしですぐに使い始めることができます。

 

⑤Workplace(ワークプレイス)

WorkplaceはFacebookが提供しているチャットツールです。

Facebookの画面や使用をそのまま活用しているため、Facebookになじみのある方は使いやすいでしょう。
特定のメンバーで会話するグループはもちろん、全社員に向けた投稿など、タイムラインでシェアすることができます。
(個人のFacebookアカウントは連携しません。)
テキストだけでなく、動画の投稿も可能です。

画面イメージ

(画像出典:Workplaceウェブサイト

 

料金プラン

(画像出典:Workplaceウェブサイト

料金プランは2つあります。
アドバンスプランは30日間の無料トライアルが提供されています。

 

(4)どのサービスを選べばいい?

ビジネスチャットは自分一人が入れても意味がありません。よくやりとりをする人たちのことも考えて選ぶ必要があります。
以上を踏まえて、どんな会社にどのタイプのビジネスチャットがおすすめか、以下の通り選んでみました。
ぜひ参考にされてみてください。

 

・Web制作会社・システム開発会社・海外でのやりとりがあるならSlack

相手がオンラインかどうかがわかるため、テンポよく確認ごとを行いやすいというメリットがあります。また、海外のスタッフとやりとりをする企業は世界シェア率が高いSlackがおすすめです。

 

・ITリテラシーが高くない社員がいるならChatwork

導入のハードルが一番低いため、社内・社外でのやりとりにおすすめです。

 

・移動が多くPCよりスマホで仕事をするケースが多いならLINE WORKS

既読がつくため、相手が確認したかどうかわかるという利点があります。

 

・Office系ソフトを多用する会社はMicrosoft Teams

オンライン上でエクセルやパワーポイントの編集を共同で行えるため、資料作成の仕事が多い企業におすすめです。

 

・全社共有や部署の垣根を越えた共有事項が多いならWorkplace

Facebookのようにタイムラインで情報を流すことができるため、気軽に「いいね!」やコメントをしたりとすることができ、リアクションが得られやすいという利点があります。

 

(5)まとめ

以上5つのビジネスチャットツールの特徴を紹介してきました。

ほとんどのビジネスチャットは、無料プランと有料プランがあります。
また、有料プランでも、お試し期間がある場合もあります。
まずは無料で使ってみて、使い勝手を確認されることをおすすめします。

また、ひとつだけじゃなく、複数併用される方もいらっしゃいます。
仕事やプロジェクト、取引先に合わせて最適なビジネスチャットを選んでみてください。

 

本記事で紹介したサービスのリンクはこちら

お電話からのご相談・お申し込み
03-6385-1099
インターネットからのご相談・お申し込み
ページトップ